ヲタ腐ダイアリ

予告なく愚痴やヲタな話題が展開されますのでご注意ください。

あけまして

おめでとうございます、今年もよろしくお願いします。

さっそくですが、年末ジャンボ全滅しました。2016年オワタ!!

今年の目標いろいろ備忘録。

・4月あたりから仕事スタート目標で就職活動がんばります。ノルマのない事務かテレアポで、人間関係がクリーンなとこ希望。ゆるめの仕事内容で月に12万ぐらい稼ぎたい(すみません)

・まだ漫画の仕事をしたいので、営業活動というものにチャレンジしてみます。

・今年こそ、コミティア出たいです。まずは同人誌作らなきゃ。

・7月までに体重50キロになりたい!!

・家族と自分の健康維持。とにかく、風邪ひきたくないです。

・趣味の裁縫と編み物を再開したいです。おかんアート炸裂させたいです。

・とにかく断捨離!!主婦雑誌に出てくる片づけ魔な奥さんの家ぐらいにキレイにしたいです。



いま思いつくのはこれぐらいです。
さて、このうち何個ぐらい実現できるかな?

今年もこのブログにてお待ちしてますので、みなさまお付き合いお願いします~

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

おめでとうございます

肉子さん、明けましておめでとうございます。
今年も肉子さんのブログ、楽しみにしてますね。
年末ジャンボ、うちは忙しくて買う機会を逃してしまいました。ワクワクしたかったのに残念です。いつも、宝くじ当たったらどうする〜?的なドリームを旦那と話したりしてるのですが、あまり高額当選しても、運を使い果たしそうで怖いなと思ったりもします。
ちなみに、もし当選したら使い道は1、家のローン返済 2、家電の買い替え 3、旅行 です!


Re:おめでとうございます

あけましておめでとうございます、今年もよしなに♥

こうやってる間にも、日本のどこかに10億円当たってる人が実在するんだよなーと思うと黒い感情が新年早々メラメラと…なんつってー。
今年も懲りずに、宝くじに貢いではかない夢を見ようと思います。ほらー、継続は力なりっていうし。

10億当たったら、わたしもママさんと同じくまずは現実的な使い道をすると思いますが、100万とかの完全なあぶく銭だったら自分のためだけの物欲を果たして終わると思います。(鬼嫁)

  • 肉子
  • 2016/01/03(Sun.)

あけましておめでとうございます

肉子さんおめでとうございます
今年も素晴らしい作品をたくさん拝見したいと思っておりますので、良い機会に恵まれる事を願っております
さて、私は今年の正月は帰省もせずに夫と寝正月。。。初詣に行った位ですね~
実家がお互い飛行機の距離で結婚して初めてのお正月なので、まぁうるさく言われないだろうと希望的観測です(笑)
肉子さんは以前このブログで、お正月にご実家を訪れた際のご様子を書かれていらしたので、
今年もお忙しくされているのか、でも赤ちゃんがいらっしゃるのでそこは今までとは違うのかな~?なんて、勝手に想像しています
素敵な1年になりますよう、陰ながら応援しています

Re:あけましておめでとうございます

おめましておめでとうございます、今年もよろしくです~v

ぽんずさんは夫婦水入らずのお正月だったそうで、何よりです。初詣、すごい人だかりだったと思いますが大丈夫でしたか!? わたしはもう、子供が小さいうちは初詣はあきらめてます。5歳ぐらいになったら大丈夫かしら…。

わたしのお正月は、いつも通りに義実家→実家で、今日は水入らずです。たぶん、ずっとこのパターンだろうなぁ。明日からまた早々に通常通りの平日が始まってしまうので、朝のんびりできる日もこれで終わりです。冬の早起きはツライぜ!

  • 肉子
  • 2016/01/03(Sun.)

あけましておめでとうございます。

今年の私の抱負は真面目にクリニックに通って切れ痔を治す事です、冬に痔が悪化してエライ事になりました、とほほ。

去年、と言っても先週ですが歯の詰め物が取れて歯医者へ電話したらいっぱいで、今月中旬まで詰め物が取れたままです、新年しょっぱなから凹む出来事です。

肉子さんご家族のご多幸をお祈りしています(お子さん達、ふたりとも美形そうですね)。



Re:あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます、今年もよろしくおねがいします~。

き、切れ痔とは大変でしたね。大丈夫でしたか?
ちなみに、アホな質問してすみません。クリニックの先生って女性でしょうか。治すって、外科手術的な…?
とにかく、お大事になさってくださいね。

こちらの家族のことまで気にかけてくださってありがとうございます! 親ばかフィルターかかってるので漫画だと可愛く描いてしまうのですが、やっぱり少し発達について色々と思うことあります(笑)
それでも元気でいてくれるだけでもありがたいので、健康第一でがんばります。

  • 肉子
  • 2016/01/03(Sun.)

痔の先生は男の先生です。

理想は女の先生なのですが・・・・、近くで評判のいい肛門科クリニックはそこしかなくて。

後、手術ではないです。3か所切れてますけど。まぁ、もうとんでもない事になってしまって、去年の11月に~~~~(話がめちゃくちゃ長くなるので省略)。

座薬と飲み薬です、座薬は~(話が長くなるので省略します)。

肉子さんも痔にはお気をつけ下さい、やばいと思ったら速やかに肛門科へゴーですよ。

今はいい薬も出ていますし、手術一歩手前ですが、座薬と飲み薬で様子を見る予定です(去年は部分入れ歯になる所を歯医者に泣きついて何とかしてもらえましたが今年は痔・・・・・)。我ながらかっちょ悪いな~と思います。

Re:痔の先生は男の先生です。

のぎゃーーー、先生は男なのかぁ…。はっ、リアルで通ってるのにこんなこと言ってスミマセン。そこしか選択肢がないなら仕方ないですよね…
ものすごい素朴な疑問なのですが、肛門科のお医者さんって、なぜその科の意思を目指したのでしょうね。
女性だけど肛門科へ行くのが恥ずかしくてガマンしてる人たくさんいそうだし、もっと肛門科の女医さんが増えてほしいですね…。
お大事になさってください。

  • 肉子
  • 2016/01/05(Tue.)

私もそれは思いました。

科はいくらでもあるのに、何故肛門科?、それは私も思いましたよ。優しいおじさん先生で、男と言うだけで威圧感を感じさせる人だったら私も少し遠くなっても女医さんのいる所へ行ったと思います。

後、AYA楽しみです。私の中でモーニングのジャンヌ(山岸涼子先生)と並んで肉子さんの漫画は心の支えです(後、踏ん張れがんばれギランバレーも)。

それと去年は母が不整脈で具合悪くなって入院、退院、退院したけど、体調不良の状態の時に祖父(母の父)が亡くなって(享年101歳)、訃報の電話を早朝受けた母が受話器を持ったまま卒倒、また入院。去年の12月30日に退院しましたが、その間、父親(74歳)が、銀行の行員さん(窓口の女性)に因縁をつけて(父の勘違いなのに)、物忘れ外来へ連れて行こうとするも拒否。酔っぱらった姉に深夜、包丁を突き付けられる等、年末年始、辛かったです。他にもいろいろあって・・・・・・。

それって実話なの?、作り話じゃないよね?、と突っ込まれる程、いろいろあった年末年始でした。

同級生は自分の親の看病+夫の両親、祖父母のお世話等、私よりもへヴィで、実祖母のお世話で背中の骨が一個つぶれかけちゃって・・・・。

とりあえず話が長くなるので省略しますが、お互い健康には気をつけないと、ですね。


Re:私もそれは思いました。

あっ、以前に猫が好きさんに教えてもらったギランバレー闘病記、連載始まってましたね!
あれから、毎週木曜日が楽しみで朝イチに読みに行ってます。

お母様の件など、大変でしたね。受話器持ったまま卒倒って…それで頭を打ってくも膜下など併発する人も多いみたいですが、そこは大丈夫ですよね。
あと、お姉さん!何やってるの(笑)
酔っぱらうまではいいけど、なぜ刃物を持ち出すし。

ほんと健康がなくちゃ何もできないということをここ最近になってようやくわたしも思い知りました。
慌てて医療保険に入りましたよ…w
あと、以前もお話したけど免疫力を高める努力もしていきます。

  • 肉子
  • 2016/01/07(Thu.)

優しいお言葉、胸にしみます。

ギランバレー闘病記は次回は1月14日なので待ちきれないです。

後、アヤメさんも姉妹間のマウンティングで大変だったんだな~と最新記事を読んで思いました。私の場合は、姉の方が一方的に私に因縁をつけてくると言うか・・・・・。包丁を突き付けられたのも姉の勘違いで、包丁を発作的に突き付ける前に、何でこうなったの?と聞いてくれれば私も手短かに3分以内で説明できた事だったのですが・・・。

酒癖が悪くて年末年始はお酒を飲む機会が多かったし、姉も姉でストレスをためていたんだろうとは、思います。

後、親から見ると姉は口ばかりで動いてくれなくて、結局私の方が具体的に動く事が多いため、親の老後の期待が私に向けられるのもちょっと・・・・・。

姉妹間のマウンティングは・・・・・・(長くなるの以下省)。

周囲を見ていると意外と長子(長男、長女)は尽くされるのに慣れていて自分が人からサービスを受けるのはいいけど逆は嫌な方が多くて老親の世話をしているのって次男とか次女とか、末っ子とか、具体的に動くのは第2子以降が多いな~と感じる事があります。

両親のお世話とか細々とした雑務をメンドクサイと言ってやらない神経を私も持てたらいいのですが、自分がされて嫌な事は人にしない が私の唯一の矜持なので、でも辛い所です。

Re:優しいお言葉、胸にしみます。

年末年始はお休みでしたもんね>ギランバレー
あの漫画の内容から10年ぐらい経ってるはずなので、いま作者さんがどれぐらい元気でおられるのか気になります。
それに、一番最初に公開された受賞作とは絵柄も内容もけっこう変わっちゃってるので、こんな短期間でこんなに絵が変化するのか!?と驚いてます。
単行本とか出たら、そのへんの話はあるのかなー。タダでたくさん読ませてもらったし、本が出たら買いたいです。

お姉さんのいきさつ、ありがとうございます。
酒は飲んでも飲まれるな、ですね…お疲れさまでした。
猫が好きさんのきょうだい関係と同じく、うちも第二子であるわたしにいろいろとのしかかってきてます(笑)
うちの場合は、めんどくさいというよりも「忙しい」で逃げられてます。
わたしはヒマ人みたいに思われてるのが癪に障りますw

  • 肉子
  • 2016/01/07(Thu.)

AYA今月号読みました。

面白かったです、あやめさんの続編が(あったら)読みたくなりました。あやめさんの冷静さが素敵すぎます。私もアヤメさんのようにサラッと、じゃぁ別な人を探して下さいって言う機会があったら使おうと思います(多分なさそうですが)。

後、他にも、私の目の前から消えて下さい、も。(←いや、これは使えないかも)

あやめさんの場合は外見がずば抜けて良さそうだから子供時代や思春期時代、いじめられる事はないだろうし外見でこきおろされる事はないだろうから子供時代、自尊心や自己肯定感が損なわれずに済んだ部分はあるのでは・・・・、と読み終わった後、布団の中で分析してしまいました。

よろず屋寸話録と言うHPの中の記事でサッカーの王者と言われるブラジル人のペレは貧民街で育ち、父親が病気のため、生活費と父親の医療費を稼ぐために兄弟姉妹と協力して子供の頃から靴磨きや物売りをしていたそうです(ストリートチルドレンぎりぎりの生活)。

子供時代貧しいけれども両親が子供達への自尊心や自己肯定感が損なわれないようかなり(父親が特に)配慮していて、子供時代、生活苦であったとしても親兄弟仲が良くて、助け合って生きていて、子供でも家族の一員としての役割を果たしていて、サッカー選手である前にひとりの人間である事、家族のひとりとしての役割を果たしていた事、もしサッカーだけしていたら国民的ヒーローの立場にはなれなかったような事が述べられていました。

人を貶めたり上下関係をつけたがったり、親子の間ではそういう境界を平気で超える人が多過ぎだよな~とつくづく思います。

ペレとほぼ同じ事を橘バレエ団の団長も著書、バレエを習うということ で書かれていて、バレエに精進しながら家の全家事と妹達の学費も賄っていた話が載っていて、ひとりの人間としてまっとうでなかったらバレエをする意味がない、バレエをやる資格がないような事が書かれてあって、どちらの著書も大変面白いので、肉子さん、時間があった時にでも(お子さん、ふたりいるからちょっと難しいかな)。

多分、私の想像ですがアヤメさんももちろんですが、肉子さんもかなりお綺麗な人ではないかな、と思っています。



Re:AYA今月号読みました。

読んでくださってありがとうございます、ご感想うれしいです。
来月号で連載は最終回ですので、引き続きよろしくお願いします~

わたしも「じゃあ別の人を探してください」って言いたかったことたくさんありました。
でも、この人を逃がしたら次がないとか、本交際まで来たのにまた0から婚活するの面倒くさいとか思って、雑に扱われてもガマンしてたことあり後悔してます。

また面白そうな本を教えてくださりありがとうございます。
ペレなつかしい…いま何歳なんだろうと思ったら、75歳なんですね。
あと、wikiw見て「ペレ」が本名じゃなくてあだ名だったことを初めて知りました。それから、なんでブラジル人なのに黒人なんだろーとか不思議に思ってたこと全部解決しました。

  • 肉子
  • 2016/01/10(Sun.)

肉子さんのお気持ちも分かります。

アヤメさんの、じゃぁ、違う人を探して下さい、私も使おう、と書きましたが、実際私も肉子さんと同じように婚活して、ちょっと何この人?、と思っても、また1から探すの面倒だな~とか、この人を逃したら次はないんじゃ・・・、と私も思うし多少の我慢や妥協はするだろうな~と思います、20代の肉子さんでさえ我慢されたわけですから、私は特に・・・・。

これがダメだったら独身でもいいじゃん、みたいな割り切りって大事かも。あまり無理をするとろくな事がない事も今までの体験で痛感しています。

後、ペレ自伝に詳しく書かれてあるのですが、ご両親がかなりまともな方達で、お母さんは大学へ行って貧困から抜け出して欲しかったそうです、結局サッカーの方が多忙になり大学は中退してしまいます。お父さんは元サッカー選手で怪我のために引退してしまったわけですけど、お父さんも、立派と言うか、貧しいながらも人としての品位を失わず哲学を持っていて、ホントに立派な人って目立たないし、本人もあまり表へ、表へ出ようとはしないんだろうな~、謙虚なんだろうな~と思わせる内容です。

トリィ・ヘンデンさんの本の中で、80年代、アメリカの貧困の中、女性だけでなく子供に暴力やセクハラをする人達が出てくるわけですけど、貧しい中でもお互い助け合い、倫理やマナーの枠から外れないようかなり気を配った大人達が皆無で、しわ寄せや心理的負担が庇護されるべき子供にのしかかる状態、悲劇がかなり綿密に書かれていて、併せて読んだらちょっときついかもしれません。

アル中の夫の元に小さい子供を置いて蒸発してしまうローティンの母親、里親から虐待を受ける女の子、アメリカの影の部分ってかなりテレビや映像では制限されていて、明るい部分しか見せないって言う傾向もうすら寒さを感じています。

相手の背景や足元を見て意地悪をする人とかモラハラをする人って昔もいたんでしょうけど、子供とか女性とかはナシだろうと私は思います。

Re:肉子さんのお気持ちも分かります。

ものごっつい最低なことを言ってしまうと、もしそのとき(本交際中のお見合い相手に変な条件をつきつけられたとき)に、脈がありそうなほかのお見合いがあれば「じゃあ別の人を探してください」と言えるかなーと(笑)
ここまで自分で言っておいてなんですが、こんなんだから縁遠かったんだなと自覚しました。
単行本2巻のパタリロさんの話(生活費折半が条件)でも描いたのですが、自分さえ我慢すればもう婚活から卒業できると思っちゃうんです。

>相手の背景や足元を見て意地悪をする人とかモラハラをする人って昔もいたんでしょうけど、子供とか女性とかはナシだろうと私は思います。

あー、婚活では足元を見られてるって感じました。
お互いさまなのかもしれないけど、お見合いも交際も誰かに強制されたことではないのだし、違和感を感じたらスッと身を引く賢さがないとモラハラの餌食になりそうですね。

  • 肉子
  • 2016/01/12(Tue.)

踏ん張れ頑張れギランバレーを読んで元気が出ましたよ。

肉子さんの今AYAで発表している作品もコミック化されたら購入しま~す。パタリロさんも、まぁ、アレだな~とは・・・・、思いました。

誰に対しても折半ね!と言えるのだったら本物ですよね、市長の娘さんとか県知事のひとり娘さんんにも同じ事言えるのかな~とチラリと思いました。

後、自分は病気にならないのか?、怪我しないのか?、フルタイムで相手ではなく(肉子さんではなく)自分の方が働けなくなった場合について言及していないのはちょっと・・・・・。

フィフティフィフティで行こうと言う気持ちは分かるのですが逆になった場合は、自分(パタリロさん)の親から婚姻費用を出してもらうのでしょうか?。私だったら、そこらへん2時間位ネチネチ問い詰めてやりたくなると思います。

たられば、とか未来刑の話って人や場合によっては虚しくなる事があるので私自身もあまりそういう言い方はしないように気をつけているのですが。

そのパタリロさんもご結婚されたのかな~と思います、外見も悪くない、公務員、実家がお金持ちだったりバリキャリの女性を選んでリッチで幸せな結婚生活を続けて・・・・いるのかな~とは思うのですが・・・・。

後、モラハラの餌食にならないよう、被害に遭わないよう自分自身も気持ちをしっかりしないとダメですよね、相手にあまり気を使い過ぎたりへりくだるのも、あんまり良くないかもな~と最近思います。

後、同い年の知り合いでエア彼氏を作っている人がいて、エア彼氏のおかげで、バツイチこぶ付き小学生の娘つきの50過ぎの男性と会わずに済んだり、嫌いな先輩からトンデモナイ物件の相手の紹介を角なく断られたり、大変助かっているそうです。

40過ぎの独身女性だから、かなり難有りの人でも妥協して付き合うかも、と向こうは思っているのかもしれませんが、普通に考えたらヒドイ話ですよね、自分の娘には絶対会わせないだろうな~と。

Re:踏ん張れ頑張れギランバレーを読んで元気が出ましたよ。

ギランバレー、更新されてましたね!
次あたり、もしかして最終回っぽい…? 漫画での内容から、10年ぐらい経ってますがいまの作者さんの近況とか気になりますね。看護師として復帰は可能なのかとか…今回更新のを読んだら、まだ体を使うのがしんどそうなので、闘病中なのかなーとか…。
短期間で絵柄がぐっと上手くなってるし、もう漫画家としてやっていくのかなーとか、いろいろ気になります。

そうそう、漫画に描いてきたお相手のかたとか、釣書をさらした(…)「趣味には積極的だけど働くのは無理だから養ってください」系の女性とか、あれから結婚したのかなと思い出しました。
お見合いだと条件が先に来ちゃうけど、所詮は人と人・男と女なので実際に顔つき合わせて出会っちゃえば惚れたはれたに理屈なく、自然に結ばれていくものだと最近やっと割り切ることができました。
ナイナイのお見合い番組を観て、自分の婚活感みたいなものに変化が訪れたようですw

>後、同い年の知り合いでエア彼氏を作っている人がいて、エア彼氏のおかげで、バツイチこぶ付き小学生の娘つきの50過ぎの男性と会わずに済んだり、嫌いな先輩からトンデモナイ物件の相手の紹介を角なく断られたり、大変助かっているそうです。

あーー、これわたしも職場でやってました!
休日の予定とかいちいち聞かれたり、彼氏いるかいないかについて詮索がうっとうしかったのでエア彼氏やりました。
けど設定がブレブレだったので、深く突っ込まれると「こないだ言ってたこと違うよね」みたいにボロ出まくって自爆しました。

  • 肉子
  • 2016/01/16(Sat.)

私もきちんと設定を作ってエア彼氏を作ろうかな~と

私もエア彼氏を作って面倒な事に巻き込まれないよう自衛しようかな~と思います。肉子さんのレスを読んで、設定をきちんと作ろうと思いました。

岡本夏生さんは5時に夢中(YOU TUBEで観ているのですが)で録音でどれだけ命を助けられた事かと絶叫していましたが女性がひとりで生きると言う事はいろいろ大変だ~と思います。外に出れば男は7人の敵がいるそうですが、女性の場合は14人はいるかもしれませんね・・・・。

パタリロさん程の人ではないのですが、女性はバリキャリの人がいい、子供が出来ても働く人がいいと、そういう希望を出して希望通りの(大企業勤めの)キャリアウーマンと縁あって結婚した人が遠戚にいるのですが、子供を妊娠中、重度の妊娠中毒症になり、出産した後に脳梗塞で・・・・・、ダブルインカムで優雅な生活どころか、乳児と病人の世話でお互いの両親や姉妹が育児と看病に駆り出され夫も忙殺、と言う話があって、神様じゃないから、~~~~であって欲しいとか、こうあって欲しいとか、あまり口に出すのはどうかと思うんですよ(後、配偶者の病気を理由に離婚は出来ないそうです、遠戚の人は結婚しても優雅な生活を望んでいたのに・・・・)。

それだったら逆に肉子さんのように相手が病気になった時、お金の事は心配しないでゆっくり休んでと言える関係の方がいいよな~と思います。

山岸凉子さんの漫画で二口女と言う作品があって、飯を食わないでよく働く女性と結婚したいと言う男性が希望通りの女性と結婚できるわけですけど、当たり前ですけど、その女性は人間ではなく妖怪だったと言う話で、勘違いした人とは男女問わず関わりたくないよな~と思います。

相手に多大な負担を背負わせる事を前提で話を進める人って脳みその回線が切れていると思います。

Re:私もきちんと設定を作ってエア彼氏を作ろうかな~と

いやーーー、自分で「やったことある」と言いながらアレですが、エア彼氏はできればやめたほうがいいと思いますw
エアとか耳障りのいい?表現してても、所詮はただのウソ話ですからねー。最初のうちはまだいいのですが、だんだん罪悪感とかで息苦しくなりますよ。
あと、ひそかに猫が好きさんのことをいいなと思ってる殿方いたら、その人との縁を遠ざけてしまうので…。
「え? 猫が好きさんなら、ラブラブの彼氏いるって言ってたよ」
とか、わざと邪魔してくる人いるんです。
変な人を近づけないように防衛もできるのですが、いい出会いもつぶしてしまう諸刃の刃、それがウソをつくっていうことの因果なんだなとわたしは思っているのですが…

縁戚のご夫婦の話ですが、いま現在もちゃんと奥さんを支えていらっしゃるのですね。
もし、わたしだったら…と想像すると、旦那さん偉大すぎます。

>それだったら逆に肉子さんのように相手が病気になった時、お金の事は心配しないでゆっくり休んでと言える関係の方がいいよな~と思います。

理想はそうなんですけどね…以前、ayaの連載でミクが病気で働かなくなった話を描いたのですが、現実は……。スピード結婚→スピード離婚にならなくてよかったですが、自分が思ってたより冷酷なことを知りました。

  • 肉子
  • 2016/01/16(Sat.)

そう言われればそうですね~。

エア彼氏、いいアイディアだ!と単純に考えていましたが、肉子さんの言い分、もっともだな~と思いました。

私の事を好ましく思っている男性を遠ざけるって言う事よりも、前言っている事と違くね?、と思われるのがちょっと・・・・、あの人適当な事ばかり言っていると思われたくないです。

子供の頃、親とか周囲の大人が子供だと思って適当に受け答えしていたり、話をまともに聞いてくれなかった事が今でもけっこう覚えていると言うか子供心に傷ついた事を覚えているので、適当ないい加減な人と認定されちゃうのがちょっと・・・。

記憶力がずば抜けていいわけでもないし、結果的にはぼろが出て相手に不信感を与えるよりは、人から聞かれてもあまり自分の事は話さず濁して~と言うのが無難かもな~と思います。

後、AYAの連載で肉子さんの夫さんが病気の時の漫画、拝読しましたが、あれは肉子さん夫さんが悪いですよ、ちょっと肉子さんに甘え過ぎと言うか肉子さんを母親にし過ぎだし、肉子さんが切れるのも無理ないよな~と。

Re:そう言われればそうですね~。

エア彼氏、思いとどまってくださったようで何よりです(笑)
最初から、そういうお遊びとして理想の彼氏像を作り上げるのはわたしも大好きなのですが、やっぱり口に出していってしまうといろいろと生活に支障が…w

もう、婚活中の30ぐらいまでは職場でも堂々と
「彼氏いません・友達もいません」
ってハッキリ言っちゃってました。彼氏いないはともかく、友達いないって言うのは勇気がいりましたが…

  • 肉子
  • 2016/01/19(Tue.)

踏ん張れ 頑張れ ギランバレーがっ!

なんでだよ~と、パソコンの前で(心の中で)叫んじゃったのは私だけではないと思います、読めなくてとても残念です。クレームがついた部分も多分たいしたことないような気がします(東村アキコ先生のヒモザイルのように)。

あぁ、こんな事だったらオンタイムで(0時過ぎ頃に)見れば良かったです!。

後、健康系の記事が豊富なのですが、パレオな男 と言うHP、なかなか良くて私は参考にしています、ビタミンCとか、オメガ3、6油のバランスとか、大変読みやすいです。

家族健康で仲良くが一番ですよね。

後、私の切れ痔は小康状態です、肉子さんも痔になったら素直に~(以下省)。

Re:踏ん張れ 頑張れ ギランバレーがっ!

ギランバレー、事実確認のため~とあったので、フーンと思っていたのですが読者からの指摘だったのでしょうか。
まだ読んでなかったので、ぜんぜんわかってませんでした。
もしかして最終回?
その事実確認とやらが済んだらいずれ公開されると信じてるので、気長に待ちたいと思います。

  • 肉子
  • 2016/01/23(Sat.)

ギランバレーの漫画

やっぱり猫が好きさんと肉子さんのコメントから興味を持ってこっそり読んでました。
そしてまたまた横入りのコメントで、本当にウザくてすみません…。

私の持病のリウマチもギランバレーも自己免疫疾患で、今のところ完治する病気ではないんですよね。(個人的には病原菌が原因でもないので病気と呼ぶのも違和感が)

しかもうっかり長生きしてしまいそうな疾患なのがまた。
作者さん、明るく面白可笑しく作品に昇華していますが本当はきっと辛くて大変だろうな~と思っています。

事実確認のためとの事ですが自己免疫疾患って個人差がスゴく大きいので、薬の効き目や体調など他の人には効いた事が自分ではまったく効かないなんてざらです。
お若い上にかなり症状がキツイようなので新しい治療法や治験なども試されているのかもしれませんね。
一般的な治療と異なる、と明らかにわかるような事だと同じように闘病されている方達に混乱を招くおそれがあるとか、そんな事情ではないかと思ってみたり。

ともあれ、自己免疫疾患の漫画って今までなかったので、やっぱり猫が好きさんと肉子さんのおかげで良い作品に出会えて感謝です!
ありがとうございました‼

Re:ギランバレーの漫画

ヤギさんもギランバレー読者でしたか! そろそろ最終回が近そうで、いつもハラハラして読んでます。

>作者さん、明るく面白可笑しく作品に昇華していますが本当はきっと辛くて大変だろうな~と思っています。

同感です。ところで連載のほうじゃなくて投稿作のほう、読まれましたか?
まだネットに残っているのですが、ぜひ。
http://www.moae.jp/comic/mangaopen_funbareganbareguillainbarre
これ読むと、本当に激痛や肉体的・精神的な苦しみと戦ってきたのだなとよくわかるのですが、商業誌の連載になったらそういう「痛さ・苦しさ」の描写がコメディでポジティブな表現に変わってましたね。
審査員コメントにあったように、読者側がその痛みを受け止めるのがしんどいから…という理由で編集部からの赤が入ったようですが…。
もし単行本になるなら、どれだけ苦しかったかを描いた投稿作のほうも無修正で載せてほしいです。
ベッドから病室の窓を眺めて、あそこから飛び降りたらラクになれると思いながらも体が起こせなくて今日を生きなければいけないという壮絶なコマが忘れられなくて…まだ当時22歳の作者さんがどんな思いで戦ってきたか、そこをカットさせられた現在の作者さんの気持ちも考えてしまいます。

わたしは闘病でもなんでもない日常漫画のエッセイ描いてますが、なんでもかんでもポジティブで明るく描かなきゃイカンのかな…と常々思うところがあります(笑)
どーしてもグチグチした内容を描きたかったら同人誌でやれというだけですが…

あと、投稿作だと「フリーハンドじゃないと線が引けない」と描いてあって、けど連載だとちゃんと直線定規で引いた線になっていたので、誰かに手伝ってもらってるのか、それとも自力で直線が引けるようになったのか、今の状態も気になりますねー。
絵を描いていくのが夢とのことで、連載の扉絵がいつも歴史的名画のパロディなので絵というのは漫画じゃなくて絵画のほうかな?などまだまだ知りたいことたくさんです。
わたしは作者さんと同年代で、両親も若めというのが同じなので(うちは母親がいないけど)そのうち現在についての連載が始まるのを待ってます。

例の取り下げになった最新話、楽しみですね!
ヤギさんの場合、また違った視点で読んでらっしゃるみたいなのでまたお話伺いたいです。

  • 肉子
  • 2016/01/24(Sun.)

早速、投稿作も読んできました

闘病中の描写、ウンウン、とうなずいてしまいました。
免疫が自分を攻撃するってのがもうすごく良くわかるので…。
去年入院した時に一旦投薬を中止しなければならずその時期は、寝返りうつのも痛い、そのままの体勢でいるのも痛い、動くと痛い、動かないともっと痛い!となって死にそうでした。
私の免疫細胞強すぎじゃね?って。

でもこんな思いをするのが家族や友達じゃなくて良かったと思います。
免疫疾患のためどうしても諦めなければいけない事もあったのでそんな思いを他の人がしなくてすんだな…と。
と言っても誰にでも発症の可能性はあるんですけどね。今のところの話です。

今はまわりの人達の思いやりで楽しく過ごす事が 出来ているので、作者さんも一山越えてそんな感じなんじゃないでしょうか。

あと、自己免疫疾患を不摂生のせいで発症した!と言われるのが腹立たしいのでその辺の理解が深まると良いな~と思っています。

Re:早速、投稿作も読んできました

ヤギさんも、そんな大変な状態だったのですね。まさに、自分がその立場にならないとわからない苦しみですね。今更ですが、本当にお疲れさまでした。

>あと、自己免疫疾患を不摂生のせいで発症した!と言われるのが腹立たしいのでその辺の理解が深まると良いな~と思っています。

「どうして難病になったのか」は連載でも投稿作でも謎のままでしたね。医学ではまだ解明されていないから描きようがないと思うのですが、わたしもそうなったのは決して本人のせいじゃないというのを強調したページが必要だと思います。
作者さん本人がなかなか描きづらいかな?
本文に「なりたくて病気になったわけじゃない」とありましたが本当にその通りで、ただ「嫌だと言っても治るものじゃないから病気を受け入れて受け流すしかない」みたいなセリフもすごく心に残っています。
あと、男性より女性のが精神的に立ち直りが早いみたいな話も、もっと詳しく知りたいところです。わたしの身内でも、やっぱり病気になってその事実を受け入れられないままリハビリとかやらされていじけてるのはたいてい男性なので…
どうやったら受け入れてもらえるのか、病気じゃない立場の人が何言っても響かないと思うので、どういう言い方に気を付けるべきか知りたいところでもあります。

今日も、更新されてるかなーとちょいちょい見に行ってましたが、まだでしたw (楽しみにしすぎやろ

  • 肉子
  • 2016/01/25(Mon.)

トラックバック

プロフィール

HN:
肉子
性別:
女性
自己紹介:
ご意見・ご連絡はこちらまで。★を@に変更してください。
nikuko12013★hotmail.co.jp



コミックス「100回お見合いしたヲタ女子の婚活記」発売中です。




電子書籍レンタルやってます。↓コミックRenta!


こちらのサイトでも1巻・2巻ともに電子書籍を販売しています。
eBookJapan

BOOK☆WALKER

☆2016.5.17.新刊出ました。

おすすめ婚活ツール等