ヲタ腐ダイアリ

予告なく愚痴やヲタな話題が展開されますのでご注意ください。

赤すぐ記事更新されました

赤すぐの不妊治療コラムが更新されました。

見る人がみたら「あのクリニックだな…」とわかってしまう内容なのですが、もしわかっても名前は出さずにいてくださると助かります。

このコラムにもありますが、採血がなかなかスムーズにできなくて、看護士さん相手にキレてる患者さんいろいろ見かけました。
そのクレームに関しても院長の
「高齢になると血管が細くなるので、熟練の看護士でも採血が難しくなって当たり前」
とか身も蓋もない返しをしてましたね…高齢って。そんなハッキリ言わなくても。
それ患者が一番気にしてることやでーとハラハラしてました。

フツーの産婦人科だと、待合室で泣いたりしたらもう周囲の「なになに?中絶?不妊?流産??」みたいなヤジウマ丸出しのガン見がつらいのですが、その点不妊クリニックは気楽ですね。
自分だけつらい思いしてるわけじゃない、と思えるから頑張るケースもあると思うんだ。

コラムに書いた通り、独特の気質を持つ院長でスピリチュアル・迷信大嫌い・アカデミック大好きなばりばりの理系職人みたいな人でした。
たとえば、診察時などなんでも質問は受け付けてくれるのですが
「この血液検査にあるAMH(アンチミュラーホルモン)って、なんのことですか?」
とか、専門用語についてはぜったいに聞いちゃいけないんですよ。
あらかじめテキストを渡されるので、患者がそれで勉強してこなきゃいけないという。診察時にいちいち無駄な時間を取らせるな、というスタンスです。

わたしには遠い存在に思えましたが、キャラとしてこう人は好きです。なんか初めて出会ったタイプというか…
人によっては、院長がすごく苦手で診察に当たるの嫌がってる患者さんもいましたが。

最後は院長に会うことなくクリニックを卒業してしまったのが心残りなのですが、いまも変わらずクリニックHPで院長節をうならせてたので安心しました。



にほんブログ村


にほんブログ村

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ある意味清々しいクリニックですね笑

肉子さんはじめまして、いつも楽しく拝見してます!
30代前半で、人工授精が長引きなかなか結果が出ず、体外を検討中の者です。
しかし、ここに来て本当に子どもが欲しいのかわからなくなってきてしまいました。
子どもは大好きですが、責任の伴わないよそのお子さんだからこそで、
責任もって育てられるか、親になることで失うものやトラブルなどのリスクに
向き合えるか、自信を失いつつあります。
夫との生活は、単調かもしれませんが楽しいです。子どもを介護要員にするという
考えもないので、このまま共働きでお互いの老後資金を貯めてペットでも飼うのも
アリかなあと妄想することが増えました・・・・
親との関係があまり良くなかった事、自分自身コミュ障のオタク人生で決して
華やかでも生きやすい人生でもなかったことから、子どもに自分に似てほしくない、同じような思いや経験を
させたくないのもあります。(思春期は、自分を産んだ親を恨んだこと多々です・・・)
肉子さんは、妊活のモチベーション維持の秘訣や子どもを持ちたい理由ってなんでしたか?
差し支えなければ、プラスマイナス問わず教えていただければ嬉しいです!
ほかの妊活エッセイなどではみんな取り繕って書かないようなことを、
さらっと笑えるように表現している肉子さんの文章に元気をもらっています。
これからも楽しみにしています。

Re:ある意味清々しいクリニックですね笑

さなさんはじめまして、作品の閲覧とコメントありがとうございます!

不妊治療中とのことですね。人工から体外へのステップアップを迷う気持ち、わかります。この間には分厚い壁がありますからね…。
さて早速ですがご質問に答えたいと思います。
わたしが子供を欲しかった理由からいきますね。キレイゴト抜きですごい腹黒いことも発言しますがお気を悪くされましたらすみません…!
・婚活の理由の大半は「子供がほしいから」で、結婚しないと子供作れないから
・正直、既婚子持ちというゴールド免許がほしい
・もし離婚したら二度と婚活したくない・シンママで暮らしたほうがマシ
・大人だけの遊び場(海外旅行とか)もやりつくした感いっぱいで、飽きた。
・子供のために生きてみたい
・子なしというだけで職場でいいように利用されまくるのに嫌気がさした
・わたしにだってマトモに(?)子供ぐらい産めるんだと証明したい
・ゲーム三昧の休日も楽しいけど、振り返ると人生に何も残ってない気がして怖い

つづいて、不妊治療のモチベ維持について。
・妊活なんて、婚活より100倍マシ。
・妊活で全力で努力せずに40代になったらぜったいに後悔しそう
・子供ができたら○○するぞ!とか、したいこと・遊びに行きたいところなどたくさんあった
・自然に任せて妊娠できるかもしれないけど、元気な子を産む自信がないので1歳でも若いときに妊娠したい(つまり自分のため)
・夫が「子供できたら~」など当然のように子供できると信じてるので叶えてあげたい

うーん、思いつく理由はざっとこんな感じです。
つくづく自己愛に満ちた理由ばかりですねー。ガッカリされたらすみません。

ところで、わたしも特に高校生時代から生きにくいなと感じていた人生なのですが、子供に対しては「わたしのせい(遺伝)で生きにくくなるかも」みたいなことはあんまり考えてないですw
チューリップの球根みたいに、まったく同じ色の花が咲くわけではなく夫の遺伝子も混じった種からの発芽なので、何色の花が咲くのかなという楽しみ半分・とんでもない花が咲くかもという不安半分ですね。
今は、枯れたりしおれたりしないよう右往左往してる最中ですが…

ところで
>責任もって育てられるか、親になることで失うものやトラブルなどのリスクに
>向き合えるか、自信を失いつつあります。

この「失うもの・トラブル・リスク」って具体的にどんなことでしょうか?
すみません、わたしがパッと思いついたのは自由な時間・貯金・仕事での昇進かな??と思ったのですが違うことですか?
人付き合い系でしょうか?

子供いない期間は3年半ほどありましたが、婚活でさんざん悩み躓いたせいか、妊活では深く考えずに淡々とスケジュールを消化したのでした。
何か参考になれば幸いです! 今後もよろしくお願いします~

  • 肉子
  • 2016/12/03(Sat.)

無題

肉子先生、いつも更新を楽しみにしております。
お子さんが少食とのことですが、保育園での食事はどうでしょうか?私の姪は2歳なのですが、家ではほとんど食べないのですが、保育園ではおかわりをするくらい食べているようで...(^^;
お友達や優しい先生と楽しく食べるのが楽しいのかなー?
肉子先生はお料理だけでなくお菓子作りもとても得意のようなので、早く機会がくるといいですね(*^^*)またブログでのアップを楽しみにしています。

さて、私もなかなか妊娠に至らず、心が折れそうです‼
私も心の底から子供が欲しいのかわからないです。ほとんどの方は、深く考える事なく授かり、妊娠中に覚悟ができてくるものなんでしょうね...

子どもがいないので自分で働いて、好きなものを買ったり、素敵なお店で食事したり、息抜きをしたり、年老いた親を少しでも助けることができているので今の暮らしを幸せに思えます。
けれど、旦那の両親に早く孫の顔を見せて、喜んでもらいたいなという気持ちもあります。

子供嫌いー、自分には育てられないー、と厨二っぽく?言ってた方が出産後に「子どもかわいいキラキラ」と心変わりする方も多いですよね。
私も子どもは若干苦手に思っているのですが、授かりたいような、たくないような、自分の気持ちがわかりません(^^;
肉子先生は、独身時代は子どもが苦手だったとブログに書かれておりましたが、どのように感情の変化がありましたか?
よろしければ教えてください。
私も、深ーいドロドロをさらっと笑える内容に変換している肉子先生の表現が大好きです!

Re:無題

ぷぅさんいらっしゃいませ、作品の閲覧とコメントありがとうございます!

さっそく小食についてご意見いただき嬉しいです。
保育園でも食べムラあるみたいで「今日はぜんぜん食べなかった」と言われる日もありまして…
お代わりする日もあるようで、気分的なモノが大きいみたいです。
最近はわたしも料理のモチベがぜんぜん上がらずでしたが、お菓子食べるならお菓子作り復活するのもいいかなと思えてきました。

妊活お疲れ様です~
子どもいないと身軽に動けるので、わたしもベビ待ち(笑)期間中はめいっぱい楽しんでました。
けど、さすがにやりつくした感いっぱいで、最終的にはもう旅行もゲームも一生できなくていいから子供欲しいとか言ってました。

はい、おっしゃる通りで子供苦手でした。
すっごくバカな発想ですが、わたしは潔癖気味でして…
例えば、子供のウンチやゲロなど処理できるのかとか、他人の汗のにおいとか体臭にもすっごく敏感なので、子供の独特のニオイもどうしようとか考えてました。
あと、男の子生まれたらわたしがチンコ洗わなくちゃいけないの!?ゴム手袋したら人でなしって言われるのかなー、とか…。

勘定の変化というか、愛情でクリアなんてきれいなものではなく、産まれちゃったらもう受け入れるしかないというのが現実です…(笑)
赤ちゃんのうちはウンチも無臭で、むしろ若干いい匂い(笑)なのでそこからどんどん人間らしく臭くなっていくので、忍者の修行みたいに徐々に慣らされました。
すっっごくしょーもない話ですみません…わたしとしては真剣に悩んでいました。

  • 肉子
  • 2016/12/03(Sat.)

ファンレター

肉子さんいつも更新楽しみにしています(*^^*)
レンタで肉子さんの漫画を購入して、その後本も3冊買っちゃいました
つかぬことをお伺いしますがファンレターなどの宛先などはありませんでしょうか?

Re:ファンレター

ゆかさんはじめまして、単行本のご購読ありがとうございます〜!

手紙の宛先は単行本巻末にある宙出版編集部ですが、もしよろしければメールでご連絡いただけると返信が早くなります♡
ちなみに、このブログはスマホで閲覧されてますか?
でしたら、画面の下にある「PC版」ボタンをクリックしてもらうと画面がPC版のビューに切り替わります。
PC版画面にはわたし宛のメールアドレスが表示されていますので、そちらに送っていただけると嬉しいです。
お待ちしております〜

  • 肉子
  • 2016/12/03(Sat.)

無題

お返事遅れすみません、率直なご意見伺えてとてもためになりました!ありがとうございます。
夫とはまだ具体的な話合いをしていませんが、お互いの意志を確認して次に臨むか決めます。

肉子さんは婚活時代から子どもへの意欲が高かったんですね!離婚してもシンママを選ぶとまで考えてらっしゃるのにはビックリしました。
ご質問のリスクやトラブルというのは、自分の体力・時間やキャリアという意味ではなく、子ども本人に起こるかもしれないリスクなどです。
重篤な病気とかいじめとか挫折とか・・・・妊娠してないうちから悪い妄想ばかりwでも、自分の性格や生きづらさがクローンのように遺伝するわけじゃないという
お言葉にハッとしました。視野が広がりました。
子どもが大好きだからこそ、子どもに依存しない、子どもを生きる理由(言い訳)に使わない親になりたいです、。
「○○さんは成功してるけど、私には子どもがいるから」「子どもで満たされるから、ほかの事(趣味や勉強)で満たされなくていい」という考え方だと、
いざ子育てや子どもの困難に立ち向かえなさそうなので・・・・

いつもお子さんの健康や成長のために奮闘して工夫してらっしゃる肉子さん、とても愛情深い方なんだなと母親志願者として尊敬しています。
ありがとうございました。

Re:無題

来週月曜にまた赤すぐコラムの続きが更新される予定です。
私の場合はステップアップもお金以外は(笑)抵抗なく淡々と進めてきたのでさなさんとは少し状況が違うのですが、参考になれば幸いです。
あ、そーいえば旦那はステップアップについて
「そこまでしなくても…もう少し自然にまかせれば…あきらめたときにデキるってよく言うし…」
みたいなことgdgd言ってたことをいま思い出しました。

>子どもが大好きだからこそ、子どもに依存しない、子どもを生きる理由(言い訳)に使わない親になりたいです、。

あ~、なんかわかります。
独身時代・子なし時代に似たようなこと思ってました。
「あんたら既婚子持ちってこと以外にアイデンティティ無いんかい」
みたいな…。
ちょっと違うか。
けど、その時に柔道の谷亮子さんが既婚子持ちで金メダル取って
「柔道を育児の言い訳にしない。育児を柔道の言い訳にしない」
という名言を発表して、こんなふうにまっすぐに仕事にもプライベートにも真剣に向き合えるように生きられたらなと考えを改めました。
まあ、理想と現実はかなり遠いんですけどね…。
また機会があれば、お話聞かせてください。おめでたい知らせももちろんお待ちしております!

  • 肉子
  • 2016/12/16(Fri.)

はじめまして

記事を読ませていただきました。

流産した方が絵画をはずしてほしいという
お話ですが、笑い話というより
それだけ追い詰められていたのかもと思うと
胸が苦しくなりました。
私は治療経験者ですが流産は経験したこと
ありません。
でももし治療でやっと授かった子を流産
してしまったらどんな気持ちになるだろう
と考えたりします。
流産されたかたは些細なことで思い出して
しまうから外出もできないしテレビも
見られないという人がいると聞きました。

ご本人のことは前向きに笑い話にできれば
いいのではないかと思いますが
他人のことはあまり笑い話にはしてほしく
ないような気がします。
お気を悪くされてしまったらすみません。
ただそう感じる人もいると思っていただければ幸いです。

Re:はじめまして

はじめまして、コラムの閲覧と、忌憚のないご意見ありがとうございます。

今回の「絵を外してほしい」回ですが、例の患者さんが流産経験者なのかはわかりません。
ただ、不妊で追いつめられていての発言だということはわかります…が、ただこの要望(※自分が嫌な思いをするからクリニック側に絵の展示をやめさせる訴え)には首をかしげるものがあります。あまりにもメチャクチャだなと…。
自分が苦しく悲しい思いをしていれば、他者がそれに寄り添ってくれて当然とはどうしても思えないのです。

ただ、みほさんのように感じる方も多くいらっしゃると思います。
嫌な思いをさせてしまい申し訳ありません。
こちらも、今後の内容にはいろんな立場の方の気持ちを配慮するよう、考えを改めることにします。
ご意見ありがとうございました。

  • 肉子
  • 2016/12/22(Thu.)

トラックバック

プロフィール

HN:
肉子
性別:
女性
自己紹介:
ご意見・ご連絡はこちらまで。★を@に変更してください。
nikuko12013★hotmail.co.jp



コミックス「100回お見合いしたヲタ女子の婚活記」発売中です。


電子書籍レンタルやってます。↓コミックRenta!


こちらのサイトでも1巻・2巻ともに電子書籍を販売しています。
eBookJapan

BOOK☆WALKER

おすすめ婚活ツール等

オーネット フェリシモ【定期便】新規購入キャンペーン アフィリエイトプログラム