ヲタ腐ダイアリ

予告なく愚痴やヲタな話題が展開されますのでご注意ください。

PSvita「幕末ROCK 超魂」

とうとう手を出してしまったぜ幕末ロック…幕末の志士たちはいつまで・どこまで冒涜され続けるのでしょうか。

PS plusで無料だったのでダウンロードしてしもうた。
音ゲーで、なおかつ幕末モノという、わたしの中の苦手要素が二つもあるのについつい手を出してしまったのは、興味とイケメンの誘惑に勝てなかったから。

ロックとJ-POPの違いがまったく分かりません。

というわけで、まったく音楽聴かないやつの音ゲー感想は「つづきはこちら」からお願いします。






無料で完成版のゲームがDLできるなんていい世の中になってもんだなぁ。
基本(無課金部分のみ)無料はよくあるけど、完全な製品版まで無料配布するようになったか…

取説読んでいつもの爆笑タイムです。



語尾に「ぜよ」つければ、とりあえず龍馬キャラになる。
ワンピースのルフィみたいな、テンション高い猪突猛進な善良アホバカ大食いキャラ。
すっごくぬる~い土佐弁に最初はイラッとしたけど、徐々にかわいく見えてきます。好き。



ぶはははは かっかっ桂小五郎ーーーー!!!
高杉晋作もイケメンにーーーー!! そこはかとな~く、本当の高杉晋作に似てるような気がしなくもない。



だぁーーーーーははははははははは 沖田総司ーーーーー!!!
ゲームや漫画だとたいていはかなげな美少年ぽく描かれる沖田総司がヤンデレ腹黒ドSこじらせキャラになりました。新しいわー。



もうアカン…井伊直弼(笑) 徳川よ…よし…のぶぅ……
彼らの子孫の方々もこういうの見る機会あると思うのですが、ご先祖様のイケメン化?に、いったい何を思うのでしょうか。
はぁ~ワタスもこういう人の先祖がいたら、楽しかっただろうなー。いないけど。



あ、マツコデラックスや。ゲーム・漫画界にもよく登場してますね。



わたし、このゲームのキャラたちの中ではペリーが一番好きなのですが、いつまで経ってもペリー出てこなくてどうしようかと…

さすがにペリーは、史実とは名前ビミョーに変更してありますね。


あれかなー
まったくの新規のオリジナルキャラ・ストーリーで音ゲー作るより、時代ジャンルで作ったらある程度の購買層が見込めるからこうなったのかなー
戦国モノでも幕末モノでも、三国志モノでも結局はなんでもよかったような気がする
単に史実の偉人たちの名前と設定借りただけの大掛かりなイメクラパロディだと思って楽しんだらいいのかな。




さてゲームスタート。

会話シーンのセリフがコミック形式というのを始めて見ました。
ADVゲーってたいてい画面下にテキストウィンドウがあってそこをユーザーに延々と読ませるのが通常だったので、なんか新鮮。

ただ、フキダシでかいので背景つぶれる。コマ割りみたいに背景が黒線で分割されて部分的にポップアートみたいな効果になるので余計にゴチャゴチャします。

効果音もSEと書き文字が同時に出て面白いー
けど…思ったよりもすごく読みづらい!!

フキダシが出たり消えたりするのを眼で追うのが疲れるというか…
単純に、シナリオがテンポ悪くてキャラ同士の掛け合いが寒いので飽きてくるというか。


ストーリー進めると強制的に音ゲーになります。
パラッパラッパー以来の音ゲーにどきどき。昔とほとんどシステム変わってないのね。


判定がかなり甘いので、初心者にも安心です。
ボタン操作に忙しくて曲を聴いてる余裕なし! もっとじっくり絵を観ていたいなー

  

スクショ撮ってるとたいていミスる。



キャラのかけあいが寒い。どーでもいい食べ物ネタ多い。
本編のストーリーと話が脱線しまくるので、なかなか話が先に進まない…
けっこう我慢強く読んできたけど、もう辛くなってスキップしまくってました。すみません。

 

いまどきこんな関電効果を見るなんて。なつい…///
あと、桂小五郎がツッコミを入れるときは巨大なハリセン出して頭をしばくとか、コテコテななつかしさにホロリときます。


 

いまどき殴り合いのシーンで煙モクモクとか、なつかしい…///
効果音が「ドカッバキッ」というのも渋いなー

会話シーンも、立ち絵のキャラの頭に大きい汗マーク・青筋マークが出たり消えたりして(なつい)全体的に古さと新しさが交差してます。



スチルにまで効果音の描き文字入るなんて…初めて見ました。
しかしスチル少ないなー



なに言うてはるの沖田はん。
顔アップの立ち絵のとき、肩の部分が切れてるのですごい肩幅せまい人みたいになる件。

 

歌で戦うシーン見ると、アニメ「マーメイドメロディぴちぴちピッチ」を思い出します。



アニメ版だとクライマックスで服が上半身破れるのでそれを期待していたのですが、ゲーム中だとチラッと一枚絵が出てくるだけで肩透かし。



あっ、コンサート会場で近藤勇が死んだ。
なんかもう、↑の一行だけでもわたしが自分で何を言っているのかまったくわからなくなるほど正気を失わせる恐ろしいゲームです。



沖田総司がチラッと脱いだのでスクショしておきました。ボタンマークが邪魔でよくわかんないけど…
沖田さん美しいぞー。


プレイしているうちにこの世界観に慣れてきます。
いまどきの声優さんたち、すごく歌うまいんですね…びっくり。

わたしは乙女ゲーのキャラソンCDとかよく買うほうなのですが、イントロはともかくボーカルが始まった瞬間に椅子から転げ落ちそうなものすごい歌唱力(お察し下さい)のやつばかり聞いていたので、このゲームで声優さんがプロの歌手みたいに違和感なく歌ってるのばかり聴いて耳からウロコが落ちました。

あれか、声優界でもとりわけ歌うまい声優さんばかり集めたらこうなったの??
ちゃんと歌詞もストーリーに沿った内容でわかりやすかったです。

ちゃんとアニメも観てみたくなったぞー動いて歌う彼らを観たい。

なんだかんだで沖田総司が一番好きになりました。





コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

プロフィール

HN:
肉子
性別:
女性
自己紹介:
ご意見・ご連絡はこちらまで。★を@に変更してください。
nikuko12013★hotmail.co.jp



コミックス「100回お見合いしたヲタ女子の婚活記」発売中です。




電子書籍レンタルやってます。↓コミックRenta!


こちらのサイトでも1巻・2巻ともに電子書籍を販売しています。
eBookJapan

BOOK☆WALKER

☆2016.5.17.新刊出ました。

おすすめ婚活ツール等